ネットワーク

Googleアナリティクスで簡単ウェブ分析|効率的な運営のために

検索した単語がわかる

PCを使う人

Googleアナリティクスを活用することで、自社のウェブサイトへ訪問した人が、どのようなキーワードでサイトを見つけたかがわかります。マーケティング調査を行なう場合、消費者の興味や関心についてしっかりと把握する必要があります。ウェブサイトにアクセスする人の中には、自社が扱う商品の名前以外で検索した人も多いものです。商品名とは異なる単語で検索した人が多ければ、消費者に覚えてもらうため、広告の方法を変えるなどの対策を行なえるでしょう。また、検索した単語を把握することで、消費者のニーズを探ることもできるのです。検索した単語によっては、自社商品の機能やイメージとは異なるものも含まれる場合があります。想定しているものとは異なる商品の利用法があれば、新規顧客の獲得にも繋げることができるでしょう。Googleアナリティクスの分析を活用し、消費者がどのような目的で商品を使っているかを調べておきましょう。

ウェブサイトの訪問者数を伸ばすためにも、検索される単語を調べることは有効です。Googleアナリティクスによって検索された単語を調べれば、検索エンジンへ上位表示されるための対策を講じることができるでしょう。検索エンジンはよくアクセスされるサイトを検索結果の上位に表示するものです。上位表示されたサイトは、消費者にもすぐ見つけてもらえるので、たくさんの人が自社サイトへと訪問してくれるでしょう。上位表示を目指すためには、競合他社と被らない単語をキーワードとして設定するとよいでしょう。しかし、こうしたキーワードの設定ではどの単語が表示されやすいか、適宜チェックを行なう必要があるのです。Googleアナリティクスを利用すれば、表示されやすいキーワードをすぐに分析することができます。上位表示を目指しているならば、こうした分析ツールは大いに利用できるでしょう。