グラフ

Googleアナリティクスで簡単ウェブ分析|効率的な運営のために

検索した単語がわかる

PCを使う人

Googleアナリティクスを用いることで、消費者がどのような単語で検索して自社サイトへアクセスしたかがわかります。消費者のニーズを探ることに役立てられるほか、検索結果の上位表示対策のために活用することもできます。

詳細を確認する

ユーザーの人物像が分かる

ネットワーク

自社ホームページ上での商品販売や、製品や会社の事業に関する広告など、インターネット上には数多くのサイトを検索できます。検索エンジンを用いることで、特定の単語をキーにこうしたサイトは表示されますが、この表示される順番はランダムであるわけではありません。多くの人にアクセスされる人気サイトでなければ、検索によって簡単に表示されることはないのです。人気のサイトを作るには、よりユーザビリティの高いサイト作りを行なう必要があります。記事の内容も読みやすく、楽しい動画や詳しい内容が読めるファイルなど、サイト内のコンテンツも充実していなければ人気のサイトとはならないでしょう。多くのユーザーがアクセスしてくれるサイトにするには、ユーザーの動向や関心を分析する必要があります。Googleアナリティクスと呼ばれる分析ツールを用いれば、ユーザーのさまざまなアクセス情報を詳しく知ることができるのです。サイトのクオリティ向上のため、大いに活用しましょう。

Googleアナリティクスを用いることで、サイトにアクセスしたユーザーがどのような人物か把握することができます。自社サイトにアクセスした時間帯や、どのようなサイトを閲覧してきたかといった情報も分かるので、年齢や性別、興味関心のある事柄など詳しい情報を把握することができるのです。ユーザー情報を把握できれば、サイトにアクセスした人が想定しているターゲット層かどうかも分かるでしょう。もしもターゲット層が異なっているようならば、広告内容や商品の改善など、より多くのユーザー層へ向けての戦略を改めて練ることができるのです。こうしたマーケティングは今までならば専門の会社に依頼しなければ分からないものでしたが、Googleアナリティクスを用いることで、自社内でも簡単に調査することができるでしょう。

サイト内の動きがわかる

グラフ

Googleアナリティクスは、サイトを利用している人の動線分析を行なうことができます。サイト内の動向を調べることで、サイトのどのページが不人気であるかといったことが分かります。また、ユーザーの動向によってターゲット層がどのような人か、調べることもできます。

詳細を確認する

コンテンツの評価がわかる

女の人

Googleアナリティクスは、コンテンツレポートと呼ばれる機能によってページごとの評価を調べることができます。ファイルのアップロード数や動画の再生回数など、スコアとして細かく評価が表示されるのです。新しく増やしたページの評価などを調べる際に活用できます。

詳細を確認する